オホーツク海に臨む北海道網走市の焼き鳥屋で、驚くほどおいしいTKG(卵かけご飯)に出合った。卵の殻を割って白飯に載せると、レモンイエローに輝く黄身が高く盛り上がる。白身は粘度が高く、黄身にくっついて離れようとしない。黄身だけ少し食べてみる。優しくさっぱりした味で、目を閉じると、大地の香りや生命の躍動までもが感じられ、心が揺さぶられる。何だこの卵は。しょうゆもタレもいらないぞ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます