気象庁は6日、福岡、佐賀、長崎の3県に大雨特別警報を出した。対象は福岡県筑後地方、佐賀県南部、長崎県の南部と北部。対馬海峡付近に停滞している梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部では次々と発達した雨雲が発生。猛烈な雨が降っている。数十年に一度の災害が発生する恐れがあるとして、最大級の警戒をするよう呼びかけている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます