次期衆院選の投票率を「10%」幅アップすることを目指し、野党議員が有権者に運動への賛同を求める署名集めを始めた。野党共闘の旗振り役である無所属の中村喜四郎衆院議員が発案。活動を通じた各議員の後援組織拡大や野党共闘へ向けた連携強化が狙いだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます