5日に投開票された東京都知事選には過去最多の22人が立候補し、多様な訴えを展開した。しかし上位3人を除いては、得票が有効投票総数の10%に達せず、供託金300万円は没収となる。主要政党に属さない独立系候補は、勝ち目が薄い選挙になぜ立ったのか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます