事件は、ある日突然起きる。もし自分や、自分の大切な人が巻き込まれたら――。人気漫画「鬼門街(きもんがい)」を描く永田晃一さん(45)は、作品を通じて、世の中の不条理さを自分ごととして考えてほしいと訴えている。執筆のきっかけは、親友の「理不尽な死」だった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます