1359人が犠牲になった高松空襲から75年が過ぎた。空襲で両親を亡くし、ひとり生き残った高松市の太田幸子さん(81)は、犠牲者の慰霊堂を20年ほど前から毎朝掃除している。「あつかったでしょう」。あの日の記憶が消えることはない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます