新型コロナウイルスの感染が国内各地より早い時期に拡大した北海道北見市。電器店を営む奥村光正さん(68)は、そこで2度の恐怖を経験した。1回目は、コロナへの感染によって。2回目は、周囲からのいわれなき差別と偏見によって。「まちの電器屋さん」は、自らの体験を公にし、コロナ禍ですさむ社会に訴える。「感染者は悪者ではない。コロナを正しく怖がろう」と。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます