飛驒川が氾濫(はんらん)するなど、岐阜県を中心に大きな爪痕を残した8日の大雨。道路が寸断され、孤立した集落では停電や断水が続く。早朝の大雨特別警報で避難の判断を迫られるかたちとなった住民は、新型コロナウイルス感染が懸念されるなかでの避難という難しさにも直面した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます