東京電力福島第一原発にたまる処理済み汚染水の処分方法について、県議会定例会は8日、有力視される海への放出に反対する意見書案の採決を見送り、閉会した。政府が処分方法を決めるめどは早ければ今夏とされるが、立場を明確にしないまま先送りした形だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます