新型コロナウイルスの感染者が相次いでいる接待を伴う飲食店などを対象に、東京都内の区市町村が休業要請をして「協力金」を支払う場合、都が区市町村に対し、1店舗につき50万円を補助する方針を固めた。都関係者によると、すでに都は制度の説明を始め、豊島区や新宿区、大田区、千代田区など繁華街のある区が制度の活用を検討しているという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます