群馬県南西部の地層から見つかった化石2点が、シャチやイルカの一部の祖先にあたるマイルカ科の新種であると、同県立自然史博物館が発表した。地層の年代から、約1130万年前に生息していた種と推定され、マイルカ科の化石としては世界最古という。研究論文が7日、米学術誌のオンライン版に掲載された。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます