関西空港を運営する関西エアポートは9日、台風直撃で利用客が空港内に足止めされたことを想定した訓練をした。新型コロナウイルスの感染症対策として、発熱者の隔離に加え、密閉、密集、密接の「3密」を避ける避難所運営にも取り組んだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます