渡辺明棋聖(36)=棋王、王将とあわせ三冠=に藤井聡太七段(17)が挑戦する第91期棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催)の第3局が9日、東京都千代田区の都市センターホテルで指され、渡辺が142手で勝ち、対戦成績を1勝2敗とした。藤井が史上最年少でのタイトル獲得まで「あと1勝」として迎えた大勝負。事前の研究で「ある一手」を発見していたかどうかが、勝負を分けた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます