豪雨により熊本県南部を中心に甚大な被害が発生して11日で1週間。九州で激しい雨が降り続き、死者は熊本、福岡、大分の3県で計63人に上る。住宅の浸水被害は1万棟を超え、10日午後時点で約3600人が避難生活を送る。行方不明者の捜索が続いているが、被害の全容はまだ分かっていない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます