2020年は、いつもと違った夏になった。第102回全国高校野球選手権大会と地方大会が中止。各都道府県高野連が独自の大会を実施するが、形態は様々だ。地方大会同様、トーナメント制で王者を決めるところがあれば、8強で打ち切ったり、試合のイニングを短縮したりするところもある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます