菅義偉官房長官が11日、北海道白老町を訪れ、新型コロナウイルスの影響で控えていた出張を約3カ月半ぶりに再開した。アイヌをテーマとした初の国立施設「民族共生象徴空間(愛称ウポポイ)」の開業記念式典に出席。「観光のキラーコンテンツ」と語り、コロナ禍で打撃を受ける観光業の復活に期待を込めた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます