2日未明の関東上空に現れた大火球の軌道を明らかにし、隕石(いんせき)の発見に結びつけたのは、アマチュアの天文研究者がつくった流星観測ネットワークだった。日本上空に現れる年間20万個の流星を観測し、うち2万個は軌道までわかるという世界最大級の観測網で、得られたデータは世界の研究者にも使われている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます