指定暴力団工藤会トップで総裁の野村悟被告(73)とナンバー2で会長の田上不美夫被告(64)の福岡地裁での公判は、13日の第50回も引き続き、2014年の歯科医師刺傷事件の審理があった。実行役を送迎した同会系組幹部が、防犯カメラのないルートを指示役から教えられたと証言した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます