新型コロナウイルスの感染が再び広がるなか、国土交通省が観光振興策「Go To トラベル」を今月22日に前倒しして始める。この時期に人の移動を促すことに、地方の観光業者からも疑問の声が出ている。鹿児島商工会議所の会頭で、ホテルやバスなどの事業をグループで展開する岩崎産業(鹿児島市)社長の岩崎芳太郎氏(66)が朝日新聞のインタビューに応じ、現状では地方の観光地にはプラスにならないと指摘した。おもなやりとりは次のとおり。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます