昨春まで自衛隊制服組トップの統合幕僚長を務めた河野克俊氏が14日、朝日新聞のインタビューに応じた。政府が陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備を断念したことについて「ミサイル迎撃より『ブースター問題』を優先するのは本末転倒で、代替案を決めずに配備をやめるのは無責任だ」と批判した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます