都内有数の繁華街・池袋を抱える豊島区。新型コロナウイルス感染者の増加数(居住地別)は、緊急事態宣言が解除された5月25日から今月10日までで155人と、新宿区に次いで2番目に多かった。「夜の街」対策として打ち出されたのが「豊島区ルール」。クラスター(感染者集団)が発生したホストクラブが区独自の休業要請に応じた場合、50万円の協力金を支給する方針だ。どんな狙いがあるのか。コロナ禍にどう対処するのか。高野之夫区長(82)に聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます