昨年7月の参院選をめぐる買収事件で、地元議員ら100人に現金約2900万円を渡したとして公職選挙法違反の罪で起訴された前法相で衆院議員の河井克行被告(57)=自民党を離党=と妻で参院議員の案里被告(46)=同=について、東京地裁は15日、保釈請求を却下した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます