新型コロナウイルスへの感染者数が計40万人近くにのぼり、約2万5千人が亡くなった米ニューヨーク。世界有数の大都市として、東京との共通点も多い。東京の感染者数は約8300人、死者は326人(7月15日現在)と、ニューヨークに比べれば大幅に少ないが、16日には過去最多の286人を記録するなど、感染が拡大している。果たして東京が「第2のニューヨーク」となる可能性はあるのか。第一線の医師としてニューヨークで治療に当たってきたコロンビア大学助教授(循環器内科)の島田悠一さんに聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます