自身の女性器の3Dデータを支援者らに渡したとしてわいせつ電磁的記録等送信頒布などの罪に問われた芸術家の五十嵐恵=ペンネーム・ろくでなし子=被告(48)の上告審判決で、最高裁第一小法廷(小池裕(ひろし)裁判長)は16日、「わいせつな記録の頒布が目的と言わざるを得ない」と述べ、無罪を求める弁護側の上告を退けた。一、二審の罰金40万円が確定する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます