検察トップの検事総長に17日付で就任した林真琴氏(62)が同日、記者会見を開いた。賭けマージャン問題で東京高検の黒川弘務・元検事長が辞職したことについて「国民の信頼を揺るがす事態で、深く重く受け止めている」と表明。信頼回復に向けては「国民から負託された重い使命を自覚し、一つ一つの事件において公正誠実に、熱意をもって、適正、的確に検察権を行使することに尽きる」と述べた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます