日本取引所グループ(JPX)が、幅広い商品を扱う「総合取引所」として本格始動する。傘下の大阪取引所が27日から、貴金属や農産品などの新たな商品先物を扱い始める。地場証券会社として唯一、商品先物取引への参入を表明している光世証券の社長で、日本証券業協会大阪地区協会の巽大介会長が21日、朝日新聞のインタビューに応じた。10年以上をかけてようやく実を結んだ総合取引所構想だが、「遅きに失した」と断じた。主なやりとりは次の通り。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます