新型コロナウイルス感染症対策を検討する政府の対策分科会(尾身茂会長)は22日、全国的に感染が増え続けていると評価し、減少させる必要性を訴えた。経済活動との両立を念頭に置き、「3密」(密閉、密集、密接)を避けることなどを改めて強調した。ただ対策が不十分でこのまま地方に感染が拡大すれば、政権の責任論に発展するとの批判が野党から出ている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます