「3密」のイメージが敬遠され、新型コロナウイルスの感染拡大後の利用者が激減する高速バス業界。運賃の安さがこれまでのウリだったが、コロナ禍で求められる役割が変わる可能性もある。高速バス大手、ウィラー・エクスプレス(東京)の平山幸司社長に展望を聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます