新型コロナウイルスの影響が日本など世界の企業に打撃を与えるなか、米西海岸の企業の強さが目立っている。4~6月期決算で米マイクロソフト(MS)はクラウド事業などが堅調で13%の増収に。米電気自動車(EV)最大手のテスラは事前の市場予測を上回る業績で最終黒字だった。コロナ禍でデジタル化が進むなかで、両社は株価も大きく上昇させている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます