難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者に対する嘱託殺人容疑で医師2人が京都府警に逮捕された事件で、大久保愉一(よしかず)容疑者(42)=仙台市泉区=が女性に宛てたSNSのメッセージの中に、殺害計画に関するやりとりの消去を指示する内容が含まれていたことが捜査関係者への取材でわかった。府警は関与が疑われるのを免れようとしたとみている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます