難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者(当時51)に対する嘱託殺人容疑で医師2人が逮捕された事件で、大久保愉一(よしかず)容疑者(42)=仙台市泉区=と、山本直樹容疑者(43)=東京都港区=が当日に女性宅を訪れた際、付き添いのヘルパーに偽名を告げていたことが捜査関係者への取材でわかった。京都府警は、2人が身元の発覚を免れようとしたとみている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます