米ミネアポリスで黒人のジョージ・フロイドさん(46)が白人警官に首を圧迫されて死亡した事件から25日で2カ月が過ぎた。「自分には白人特権がある」。テキサス州に住むある大学准教授はいま、そう確信している。フロイドさんと同じ「20ドルの偽札使用」の疑いで逮捕された経験があるが、結果があまりに違ったからだ。事件を機に、人種差別を問い直す意識が全米で広がっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます