ANAホールディングスが29日発表した2020年4~6月期決算は、営業損益が1590億円の赤字(前年同期は161億円の黒字)、純損益が1088億円の赤字(同114億円の黒字)になった。新型コロナウイルスの影響で旅客数が大幅に減り、営業損益、純損益ともに赤字額は四半期決算の開示を始めた03年以降、四半期として過去最大になった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます