新型コロナウイルスに対する大阪府の吉村洋文知事の対応に変化が生じている。今春の感染拡大期は事前に分かりやすい指標を掲げ、政治的な恣意(しい)性を排する「大阪モデル」などを示してきた。感染が再拡大する今、モデルの指標を急に変更したり、自ら「科学的根拠がない」という「5人以上の飲み会自粛」を掲げたり、「政治判断」とする場面が増えている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます