表現が気にくわないと、電凸(でんとつ)と呼ばれる電話などによる攻撃が殺到した昨年の「あいちトリエンナーレ」。対話が難しい現実を経験したことで、来場者を限定して「社会的距離」を取る模索を始めた美術家たちがいます。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます