ホームレスの人たちが路上で販売する雑誌「ビッグイシュー日本版」が、新型コロナウイルスの影響で始めた3カ月間の「緊急通信販売」に、9千件を超える申し込みがあった。収益から63人の雑誌販売者に15万円ずつ分配でき、街頭から人影が消えた期間の暮らしを支えた。発行元は第2弾の通信販売にも乗り出している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます