妊婦の血液からおなかの赤ちゃんのダウン症などを調べる新型出生前診断(NIPT)について、日本医学会の認定を受けずに検査をしている認定外施設が135カ所あったことが、認定施設でつくる「NIPTコンソーシアム」の調査でわかった。認定外施設では不十分なカウンセリング体制によるトラブルも報告されており、関連学会などが注意を呼びかけている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます