熊本県を中心に70人以上が亡くなった九州豪雨から4日で1カ月。多くの犠牲者が出た熊本県の球磨(くま)村と人吉市は、行政が水害時にとる対応を時系列で整理した「防災行動計画」(タイムライン、TL)の「先進地」として知られてきた。ただ、早期に避難情報を出しても住民の避難につながらなかったり、途中からは計画通りに対応できなかったりと課題も浮かんだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます