四つの市民襲撃事件で殺人罪などに問われた特定危険指定暴力団工藤会の最高幹部2人の第54回公判が4日、福岡地裁であり、福岡県警の元警部が銃撃された事件の被告人質問が始まった。トップで総裁の野村悟被告(73)は事件の指示や承諾について「ありません」と述べ、関与を否定した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます