コロナ禍の影響を受けた学生に、独自で支援金を支給する大学が全国で400以上あることが、朝日新聞と河合塾による「ひらく 日本の大学」緊急調査で分かった。回答した大学の6割超に上り、生活支援やオンライン環境整備などを目的とする。一方、一部の学生から求めがある学費の返金に応じる大学はほとんどなかった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます