旧優生保護法(1948~96年)の下で不妊手術をされた障害者らに一時金を支給する法律ができて1年以上が経つが、請求が伸びず、支給は進んでいない。被害者に届けようと模索する施設や行政の現場から課題を報告する。田中陽子、浜田知宏…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます