75年は草木も生えぬ――。そう言われたこともある広島は6日、被爆から75年となる「原爆の日」を迎えた。新型コロナウイルスの影響で平和記念式典の参列者を大幅に減らすなど、例年の風景は大きく様変わり。人々はそれぞれの場所でそれぞれの「ヒロシマ」と向き合った。▼1面参照…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます