延長十二回と十六回、2死から同点本塁打が飛び出した。朝日放送の植草貞夫アナウンサーは「甲子園球場に奇跡は生きています」と実況した。直前にファウルフライを追いかけた一塁手が転倒するというドラマもあり、翌日のスポーツニッポン紙上には、作詞家の阿久悠さんの「最高試合」と題した詩が掲載された。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます