月間の利用者が8400万人に上る通信アプリ「LINE」は、一般ユーザーや音楽事業者らが楽曲を配信しやすくしようと、日本音楽著作権協会(JASRAC)と包括許諾契約を結んだ。両者が7日、発表した。LINEが楽曲の著作権料をまとめて支払うことで、一般ユーザーらの支払いや許諾申請の負担がなくなる。サービスの中で音楽の流通量が増えそうだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます