豊洲や有明といった東京湾の「湾岸エリア」に温泉施設が相次いでつくられている。遊休地が多く、東京五輪・パラリンピックの競技場建設で来訪者の増加が見込まれたことも後押しした。だが、大会は新型コロナウイルスの影響で延期になり、観光需要も見通せない。まちづくりはどう進むのか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます