自民党の石破茂元幹事長は8日、新型コロナウイルス対応の特別措置法について、「(コロナ対策で)経済がダメージを受けることが多い。補償をかみ合わせながらの強制力が特措法の改正の時に必須だ」と述べた。自粛要請に応じなかった店に罰則を科すなどの強制力を導入する場合、補償制度を合わせて検討すべきだとの考えを示したものだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます