大林宣彦監督の遺言といえる映画「海辺の映画館―キネマの玉手箱」が観客を集めている。映画と戦争を巡る3時間の大作。監督の妻、大林恭子プロデューサーが思い出を語るとともに、大林監督の遺志を継ぐ映画監督、米国の日本映画研究者がこの規格外の作品を評する。(編集委員・石飛徳樹)…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます