江戸期ににぎわい、幕末にはあの新選組も訪れたかつての花街、京都・島原。この地で300年を超える歴史を持ち、今も唯一、営業を続けるお茶屋兼置屋「輪違屋(わちがいや)」(京都市下京区)で6月、史上初の試み「オンラインお座敷」があった。研鑽(けんさん)を重ねる太夫(たゆう)が芸と美で客をもてなす世界。「一見(いちげん)さん」は無論、取材のカメラが入ることもめったに許されない場で実現したライブ配信に密着した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます