東京都や大阪府の大都市で、新型コロナウイルスの感染者の年代層がじわりと広がりつつある。再び感染が拡大した7月上旬は20代、30代の感染が7割ほどを占めたが、日が経つにつれて40~50代への感染が目立つようになった。高齢層に感染が広がれば、命のリスクが高まるだけに、都や府は対策を呼びかける。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます