新型コロナウイルス感染の一日も早い終息を願って8日夜、高知県の清流四万十川で、灯籠(とうろう)流しと花火大会が初めて開かれた。コロナの影響で観光面でかつてないダメージを受けた四万十市の屋形船を運航する「四万十川観光遊覧船連絡協議会」(岡村実会長)が企画した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます